カテゴリー「音楽」の41件の投稿

2010.07.02

さだまさし「予感」

1年ぶりのオリジナルアルバム「予感」
カウントダウンライブやまさしんぐWORLDコンサートでいくつか曲は聴いていたけども,こうしてまとめて聴くとまさ良さが倍増します.

さださんがここ数年,年末にプレミアムソロコンサートと銘うって,ギター1本でやってきたその集大成であるようなギターだし,さだバンドメンバーの特徴がよく出ているサウンドに仕上がっています.
ある意味,亀山社中時代の「夢回帰線」のような安定感と個性があふれています.

「片恋」は片想いとは言わずに恋と言い切るところが全てですね.とつとつと歌い上げるのが情感を誘います.
「思い出暮らし」はキムチさんがこのメンバーに入って一番のプラスになった要素がでています.好きです.
「私は犬に叱られた」は例の曲のアンサーソングではないけれども,私は犬になりたいと呟いたお父さんに犬も大変なんだと悟されます.どんな人たちでもそれぞれに辛い事はあるのです.このアルバム全体で一番パンチがある曲です.
「予感」アルバムのタイトルになっていますが,優しいものうげなバラードになっています.

ただ今回のアルバムちょっと物足りないと感じている人もいるんじゃないでしょうか.私はそう感じています.何でだろうな〜と思っていたのですが、
1つはさださんが先日の「徹子の部屋」で,昨年のお父様の死と対面して生死のぎりぎりの曲を歌うことができなかった.と言われていた事かなと.

もうひとつはアレンジなのでは?と思うのです.今回ギターサウンドが全面にでているので,そのアレンジは難しかったのではと思うのですが,渡辺さんにはどうしてもストリングスに期待をしてしまいます.彼のアレンジは街角で流れる曲を聴いても「あっ,ナベちゃんの曲!」とわかるのですが,今回のアルバムにはそれが感じられません.

ツアーコンサートでは倉田さんがアレンジをしているようなので,ステージでどう化けるか楽しみです.


最近はCD買いじゃやなく,iTunesからダウンロードなんていう人も多いかと思いますが,さださんのアルバムはCD必須です.
CDにあるライナーノーツには曲だけではわからないことがいろいろ書かれてあり,最初にアルバムに対面する時にはかならずライナーノーツに目を通しています.
おぐらひろかずさんのジャケ画も素敵です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.30

NHK趣味悠々「石川鷹彦のもう一度はじめよう!」

今日の朝刊の広告に,たまたま目に入った「石川鷹彦」の文字.

NHKの趣味悠々で4月からフォークギター再入門講座をするそうです.
ギターは実家にあるけど,もう一度引っ張りだそうかしら.
さださんの曲をやらないのは残念だけど,コードが難しいからかなー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

レコードを今聴くには「Record DIGITAL AUDIO」

いまはCDをiTunesに落としてもっぱらiPod/iPhoneで聴いている毎日なのですが、CD以外はどうするの?という問題が付きまとってきます。

とくにLPはかさ張るし保存がデリケートなのと、さらにプレーヤーが今無いなーと思っていたところこんな商品が。

Record DIGITAL AUDIO

USB端子がついていてPCへ接続が可能!
というあたりがとてもうれしいです。

ちかくのレコード屋さんが引っ越すというので半額セールを行なうようで、家族が狙っているのでホワイトデーにこれがいいかなと思ったり。

追記.早速楽天に出たのでポチッとしてみました. 【当店ポイント2倍】ノバック Record DIGITAL AUDIO【税込】 NV-RP001U [NVRP001U]/※ポイン...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

さだまさしコンサート「Mist」 & インタビュー同行

さださんのMistコンサートツアーで21日の神奈川県民ホールへ行ってきました。
最新アルバムのMistから全曲とプラス数曲あります。

今回来て改めて思うのはライブアレンジの凄さです。
CDを聞いたときにはピンと来なかった曲がライブでビビビと来ることがあります。
深夜のテレビで「51」を一人で演奏したときにもそう思ったのですが、
今回はずばり「白雨」
このアレンジには正直びびってます。コンサートツアーを複数見に行っている方がいますが、私もこのアレンジを聞くためだけにでも行きたいです。

あと、Mist以外の曲がまた懐かしくて気負ってなく心地よかったです。
宅間さんとキムチこと木村さんがお互いに楽しく演奏しているのがまたよかったです。

で、そのコンサートの前の週。
17日の木曜日に埼玉でさださんのコンサートがあったのですが、文芸誌のインタビューに同行させてもらい、さださんを間近に見てきました!!!

ニコンのデジイチを急遽購入したわけはこれです。

最終リハの前にお時間を頂いて、45分程度お話をさせてもらいました。
ステージのトークというよりは深夜のアレとほぼ同じよう感じで小説や詩歌について話をしていただきました。
ステージやテレビとまったく変わらない姿はあまりにも普通すぎて感動しました。(日本語変ですか?)

この文芸誌は季刊なので少し開きますが、発行されたらまたお知らせしたいと思います。

表現したいテーマを小説と歌に分けられたこととか手書きからパソコンに移ってよかったことなど、ステージトークだけではない話もきけてとても貴重な体験をしました。

最後にツーショット写真をお願いしたのですが、快くお受けしてもらいました。
色紙も持っていったのですが、気が動転していお願いできなかったのが心残りでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.10.18

矢野真紀「窓」

さださんのアルバム「Mist」にもある曲、窓は本来、彼女が歌っている曲でした。
CDを探していたのですが、iTuensMusicStoreにあることがわかって昨日はじめて購入しました。

彼女の声は初めて聞くのですがちょっとハスキーで独特の歌い回しがあります。
曲の雰囲気とマッチして説得力のある歌唱力を感じさせます。
ドラマの曲に採用されてヒットとは言え、インディーズ20週連続1位というのも納得の無いようだと思います。

アルバムのBIRTHも気になります。こちらはCDを買おうかな。
それにしても、iTMSで1曲ごとにお手軽に買えるのはいいですね。思ったより音源もいいです。

窓(DVD付) 窓(DVD付)
寺岡呼人 中村修司 矢野真紀

喝采  2007-09-26
売り上げランキング : 8558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
BIRTH BIRTH
寺岡呼人 矢野真紀 岩里祐穂

喝采  2007-04-29
売り上げランキング : 1338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.03

冷静と情熱のあいだ Rosso~ミラノに似た孤独~江國香織プロデュース

前の続きで今度はロッソです。
曲としては好きですが、楽器がマッチしていないのでは?と感じる曲があります。

今のとこと一番なのは1曲目です。Jazzyなピアノが雨のイメージを植えつけてくれます。
ちょっと残念なのは「マーメイズ・ラブ」。赤坂さんのクラリネット自身はいいのですが、自分としてはここはオーボエで聴いてみたかった。
宮本さんが後の曲で演奏しているだけになおさら残念。

あとイタリアをイメージしてか、バロック調な曲が多いけどあまりにもベタすぎないかなー。
さらにグレゴリオ聖歌が輪をかけているようにも感じます。
曲じたいはどれもいいけれど、Blueなみにのめり込めない感があります。
ですが、Amazonでの評価はどれも高いですね。

もう一度原作を読み直したほうがいいかな?
映画は先日スカパーでやっていたので、録画しました。時間のあるときにみてみます。

冷静と情熱のあいだ Rosso~ミラノに似た孤独~江國香織プロデュース 冷静と情熱のあいだ Rosso~ミラノに似た孤独~江國香織プロデュース
イメージ・アルバム Arico フレイ・ファド・デル・レイ

ソニーミュージックエンタテインメント  2001-05-25
売り上げランキング : 4271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.21

冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース

風花のruruさんに勧められて、近くのTSUTAYAで借りようと思ったのですが生憎映画のサントラしかなかったので、Amazoneで買ってみました。

BlueとRossoどちらかにしようと思っていたのですが、Blueは奏者が気になるし、Rossoは選曲のメロディが気になるということで思い切って両方お買い上げです。

第一印象は「なんて辻ワールド!」です(笑)
どの曲も小説のための書き下ろしではなく、辻さんがチョイスしたものだと思うのですが、それにしてもなんてBlueにマッチしているのだろうかと感じずにはいられません。
1曲目の葉加瀬さんのViolinは確か情熱大陸で使っている曲でしたっけ?
ですが、このアルバムで聴くと違った男性の哀しさが感じられます。
私にとって葉加瀬さんはクライスラー&カンパニーであり、クラシックとはまた違う独特のリズム感を教えてくれた人でした。

溝口さんのCelloは恥ずかしながら初めて聴きました。
やさしい音色がしますね。今度単独のアルバムを借りてこようかと思いました。

そんなわけで感想ってほどでもないですが、冷静と情熱 Blue の世界を思い出すこと間違いなしのアルバムです。

Rossoも楽しみ。

冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース 冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース
イメージ・アルバム 葉加瀬太郎 溝口肇

ソニーミュージックエンタテインメント  2001-05-25
売り上げランキング : 2429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.17

さだまさし「Mist」

遅ればせながら、さださんの最新アルバムが到着したので早速、iPodにいれて聴いています。

ファーストコンタクトですが、私的Mistとして
・楽曲ならば、赤い月
・詩的には、窓
・バランスとしては、かささぎ
です。

桜桜咲くラプソディは最初インパクト弱い感じを受けましたが、これは何度も聴いていくうちにツボにはまるかもしれません。
51はみなさんいろいろ意見があるようですが、詩だけよりも曲を聴いたほうがより意思が伝わる曲だと思います。
あと大陸さんのViloinがとてもよい赤い月はそれだけを聴いてもいいくらいです。
とてもViloinが若々しく、それでいて一途な感じがそても「赤い月」にマッチしています。「白鯨」以来ですね。感情が面に出ている感じがするのは。
これはちょっとさらって見たいです。

今回のアルバムで歌詞を読んで気になったのは「笑顔を守る」という言葉が多いこと。
やはり夏・長崎からの20+1年というのはさださんにとってとても大きかったのだなと感じずにはいられません。

アルバムのタイトルMist、9番目の曲「霧-ミストー」もそうですが、敢えて「実は僕たちは霧の中にいる」と断言してしまう。霧の中にいるかどうかはそこから出なければわからないのに…
だからこそ、霧の晴れ間に行く意思を持つこと、それが「笑顔を守る」ことに繋がるのだ
そう言っているように感じます。
いまの現状に嘆いているのだけではなく、そこから踏み出す一歩。そのメッセージがこのアルバムにはあります。

MIST(初回盤) MIST(初回盤)
さだまさし

FOA RECORDS(P)(M)  2007-09-12
売り上げランキング : 82

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.07.04

まさしんぐWORLDコンサート 東京初日

22回目になる、まさしんぐWORLDコンサートの東京初日へ行ってきました。
梅雨らしい季節のなか、東京は有楽町の国際フォーラムです。

今回のまさしんぐWORLDは事前に会員へ「さだまさしの好きな曲を1曲選んでください」ということだったのでリクエストした曲でトップいくつかを歌うのだろうとか思っていました…
蓋を開けると…いえいえ、緞帳が上がる前に座長が進み出てきて、今回の趣旨説明を行います。

今回は100曲の中からその場でお客さんがくじで引いて曲を決めるというとんでもないスタイルでした。
100曲の中から選ぶかそれともその中からスタッフが厳選した20曲の中から歌うかということで客席の拍手を元に決めました。東京初日はスタッフが厳選した20曲の方が拍手が大きく、スタッフチョイスのボールをマネージャの石井さんが会場を駆け回り、客席が引いていきました。
さださんは「フィフティーフィフティーは使わせて、できない曲もあるかもしれないし」とか弱気な発言。
「オーディエンスで誰かやってくれないかな」と小声で言っていましたが…。
もちろんステージメンバーがコンサートでやっていない曲もあるわけで、曲が決まるのと一緒にトークも選んで、さださんがトークをしている間に後ろで演奏についていろいろ打ち合わせをしていました。

さて、東京初日の曲目は以下の通りです。
1曲目:主人公

そしてチキガリさんが登場、ニューアルバムのFACEを引っさげて登場です。
去年の長崎から以来ですが、安定感と声の厚みが増してきたように感じます。
最後にマイク無しのアカペラで歌った賛美歌は普段のコンサートでは味わえない感覚を受けました。

続いて佐田玲子さんが出てきました。
ピアノとヴァイオリンという編成で、いつもの玲子さんらしい、力強い歌声を聞くことができました。
私としては「うたたね」が玲子さんの持ち味が出せている曲かなと。

で、2部構成の後半はこんな感じ。

2曲目:デイジー
3曲目:恋愛症候群
 トーク:八丈島の追っかけ娘
4曲目:桐の花
5曲目:昔物語
 トーク:新幹線アナウンス
6曲目:あと1マイル
7曲目:桜桃
8曲目:建具屋カトーの決心
 最後の抽選
9曲目:追伸
10曲目:空蝉
 (アンコール)
11曲目:奇跡
12曲目:黄昏迄

恋愛症候群と建具屋カトーの決心はライブで初めてでした。
ただ、さださんもあまりやっていないのか、微妙にカミカミ…
恋愛症候群では
「 他人(ひと)のことなど考えられずに 大切な花畑 平気で踏み荒らしてヒンシュクをかう B型」を「たにん」と言ってしまいますし…。カンペに振り仮名必要ですよ!!
宅間さんのシロフォンが印象的でした。

3位主人公、2位奇跡ときたので、「1位は風に立つライオンか…」と思っていたので、ラストの曲のイントロが流れたときには鳥肌ものでした。

私も黄昏迄を入れていたので。

メッセージ性の強い曲が好まれている中、黄昏迄ってメッセージ力として弱いと思うのですよ。でもこの曲は歌詞とメロディーから紡ぎ出される情景というか歌のイメージがとても明瞭だと思うのです。
もちろん、この歌詞に対するファンの思いはそれぞれでしょうが。

グッズ販売の隣にピーススフィアのコーナーがあって募金をしたら、「戦争ほうき」を頂きました。
さらにそこにはまさしんぐWORLDコンサートのスタンプもあったので戦争ほうきの説明書に押させてもらいました。

Dscf2116

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007.03.23

さだまさし検定

mixiのコミュにのっていたさだまさし検定を試してみました。

10問中私は9問正解でした。認定証を頂きました。

楽しみながらできますのでどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧