« Mac OS X版 FinePixViewerをインストールしてみたけど… | トップページ | 地震による帰宅難民 »

2011.03.20

東日本大震災

3月11日、その時僕は会社のモニターがまた揺れているなとしか思わなかった。
まるで映画の1シーンの様に段々とモニターの揺れが収まるどころか、段々と大きくなってくる。

おそらく、生まれて初めて怖いと思って机の下に隠れたと思う。震度5+だったけど会社はあと3揺れくらいで倒れるところだった本棚から数冊倒れたぐらいだった。

その後も大きな余震があったけど、停電などなくネットも繋がっていたので、すぐに情報が入ることができたのがとても助かった。
家の電話と携帯電話、SMSがまったく使えない状態であったが、家族とFaceTimeが繋がってくれたのは幸運だった。公民館にいっていたようだが、地震後に家に戻ってきたらしい。東電の発表では当日の停電地区だったが停電もなくネットも使えていた。

田舎の両親とはSkypeで話が出来た。すぐに立ち上げるかと思ったけど地震が起きて3時間以上たってからだった。

初日に感じたのはネットの接続多様性が非常時てもある程度有効だということであった。
事の事態を認識した瞬間に帰宅難民になることはわかったので、会社から徒歩圏にある同僚宅に厄介になり、明日以降をどうするかを考えたのだった。

|

« Mac OS X版 FinePixViewerをインストールしてみたけど… | トップページ | 地震による帰宅難民 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/51170543

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:

« Mac OS X版 FinePixViewerをインストールしてみたけど… | トップページ | 地震による帰宅難民 »