« 坪田 一男「理系のための人生設計ガイド」 | トップページ | 山崎えり子「節約主婦の絶対うまくいく株入門―私が始めた「攻めの財テク」」 »

2010.09.10

10年経って

2000年9月10日に結婚式をあげたので,ちょうど今日で10周年の結婚記念日になる.

振り返ると10年前は結婚や転職などいろいろな事があった時でもあった.
転職先は大学の時からやりたいと思っていた内容の仕事だったこともあり意気揚々としていたし,ベンチャーというリスクはあるものの仕事や転職への理解を示して待ってくれていた彼女と結婚して家庭を持つことに対して充足感を感じていた時だった.

ところが結婚式前日,新居から披露宴の会場へ行く途中にボスから電話が来て「前日で大変申し訳ないんだが,会社を閉じる事にした…」と言われてしまった.
「披露宴が終わってから報告しようかと思ったんだけど,決まった以上真っ先に連絡した方がよいだろう思って」と大変恐縮しているボス.
「もしなんなら,明日の披露宴は欠席してもいいから」と言う始末だったので,「いえいえ,ぜひ出席してください.みんなで楽しく楽しくやりましょう!」と答えたのが精一杯だった.

結婚早々 無職になるなんて…,短い人生の中で「幕が下りたな」と感じる瞬間が今までもあったが,これが確か3回目だった.
電話を切ってから披露宴会場のホテルまでどうやって行ったのか全然記憶にない,

彼女と彼女の家族は当日来るため,ホテルに宿泊するのは僕の家族と親友だけだった.
家族と夕食後,両親に仕事の事を告げると「おまえはもう新しい家族を持ったのだから披露宴が終わってからよく話をしなさい」と言われ,親友には飲み明かそうと誘われるもこの事を告げる事もできず,明日の準備があるからと言ってすぐに部屋に戻ってしまった.

披露宴後新居に戻ってきて,彼女に会社の事を告げた時は多分顔色が悪かったのだろう.「昨日から何か変でマリッジブルーになったのかと思っていた(笑)」と軽く言われ「でも,新婚旅行はどうしようやめようか」ときかれたから「それはそれで楽しく行こう!」という事になった.
他の会社のメンバーが大変なかの新婚旅行はかなり躊躇はしたものの,日本を離れて過ごすことで逆に心もリフレッシュして切り替える事ができたのがとてもラッキーだった.

とまあ,10年前の出来事がつい昨日のように思えるほど記憶がある出来事だったし披露宴だった.
今振り返ると笑い話になるような内容だが,毎年この時期になると当時の緊張感を思い出し,家族や友人,同僚に感謝をする日にしてきたいと思っている.

|

« 坪田 一男「理系のための人生設計ガイド」 | トップページ | 山崎えり子「節約主婦の絶対うまくいく株入門―私が始めた「攻めの財テク」」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/49410791

この記事へのトラックバック一覧です: 10年経って:

« 坪田 一男「理系のための人生設計ガイド」 | トップページ | 山崎えり子「節約主婦の絶対うまくいく株入門―私が始めた「攻めの財テク」」 »