« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の13件の投稿

2009.03.30

NHK趣味悠々「石川鷹彦のもう一度はじめよう!」

今日の朝刊の広告に,たまたま目に入った「石川鷹彦」の文字.

NHKの趣味悠々で4月からフォークギター再入門講座をするそうです.
ギターは実家にあるけど,もう一度引っ張りだそうかしら.
さださんの曲をやらないのは残念だけど,コードが難しいからかなー.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.29

菊地 滋「ウェットウェアの時代—情報デザイン社会へ愛をこめて」

「ウェットウェア」という言葉に惹かれて借りてきましたが……ちょっと時代を感じずにはいられません.
筆者が冒頭でウェットウェアの定義をしているのですが,

この情報というものを人間が愛せるものにデザインしながら,今の時代へ努力すること.これだけは,残されているような気がします.そんな気持ちの仲間が多くなれば,また,人間が前へ進むことと,人間らしく生きることが寄りそう社会になってくるかもしれません.人間という生き物が,そういう社会で一番求めるものは何か…….それをウェットなもの,ウェットウェアと名づけました.

本来の語義とは少し違いますが,ハードウェアやソフトウェアにはない,湿り気を帯びているものという意味では同じなのでしょうか.

いまの殺伐としたドライな世の中だからこそウェットウェアの重要性が増してきますがウェットウェア自身が商品になってしまうのは野暮なことです.
先日のWBC決勝戦を見てさらに感じました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.28

ギル・アメリオ「アップル 薄氷の500日」

ジム・カールトンとほぼ同時期にアップルのCEOであったギル・アメリオの独白本.
これも図書館で本を戻した時に隣にあったので借りてきました.

スティーブ・ジョブズが華々しい復活とともに表舞台から引きずり下ろされたその内幕というところでしょうか.この本は口語調に書かれていて読みやすいなと思ったら,あとがきにて,共著のウィリアム・L・サイモンとの会話を元に起こしたものらしい.

気になることとして,ことあるごとに「これは私の流儀に反するのでしなかった」的な記述がある.相手をおとしめたり,侮蔑するようなことはせずにフェアにしたいというのはわかるが,本書自身の存在が彼のポリシーからは破綻していないのだろうか?
そう考えると周囲からの批判に対する,エクスキューズにしか読めなくなってしまったのが少し残念.
確かにギルが言うようにCEOを解任させられなくても,数年でアップルは成功へ行ったかもしれない.
それでもあのニュートンを引き延ばして世に送り出し続けたのは失敗だったし,ラプソディーの開発を管理しきれなかったことは明白で,その後のジョブズの施策が真逆で成功を納めたのがさらに評価をさげてしまったのではないのだろうか.
やはり彼のポリシーが足かせになったのかと思わせてしまう一冊.
それでもアップルの歴史を知るには必読です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.24

iPhoneのOpenSSH設定方法

JB後のOpenSSHはデフォルトのユーザとパスワードが公開されているのでかなり危険です.インストール直後はSBSettingなどでSSHをオフにしておきます.
ちなみにrootとmobileユーザが定義されて,パスワードはalpineです.

さてSSHを使うにあたって公開鍵認証での設定方法です.参考にさせていただいたのは,goodeggさんのエントリーです.

公開鍵の作成はすでにあることを前提にします.エンジニアのPCにはほとんどの場合公開鍵はすでにあるでしょうから.
iphone側であらかじめsshで入って,.sshフォルダを作成します.(mobileユーザ)

mobile$ mkdir /var/mobile/.ssh

次に,PCにある公開鍵のファイル(id_rsa.pub)をiPhoneへコピーします.

mitsu$ scp id_rsa.pub mobile@xxx.xxx.xxx.xxx:/var/mobile/.ssh/authorized_keys

iPhoneのsshd_configファイルを修正

# HostKey for protocol version 1
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_key

PermitRootLogin no

#RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes
AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys

# To disable tunneled clear text passwords, change to no here!
PasswordAuthentication no

サービスの再起動

launchctl stop com.openssh.sshd
launchctl start com.openssh.sshd

ログイン
これでPCから以下のようにログインすると
mitsu$ ssh mobile@xxx.xxx.xxx.xxx
次のようなダイアログが表示されます

Ssh

で,キーを作成したときのパスワードをいれると,iPhoneへログインできます.


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.23

MacもWinもOKなAM/FMラジオ「LRT-FMAM100U」

「NHKのラジオ英会話をやりたーい」と家族が言い出しまして,私も重い腰を上げました.
というのもマンションの構造のせいか,家の中はAM/FM両方とも簡単にははいらずに,ルームアンテナを外にだしてなんとかという状況でした.
あとPCと繋げて録音したかったためにいろいろ考えていたのですが,ロジテックのLRT-FMAM100UがMacの対応ソフトを出したので,ポチッとしました.

Mac,Win両方のソフトを使ってみましたが操作性はほとんど同じで使いやすいです.地域情報を入れるとプリセットしてある周波数が使えるようになります.

AMに関しては外部アンテナも付属してるので購入を決意したのですが...やはり我が家ではダメでした.たぶん建物的な問題だと思います.職場に持ってきたらクリアに聞こえます.外部アンテナもついて値段も手頃ですのでおススメです.

ただし,実際に録音をするNHK外国語講座ですが4月からストリーミング配信を行うようです.とてもうれしいのですが,買う前に調べておけばよかったかも...

 

【即納】【FM/AMラジオチューナー】Logitec「LRT-FMAM100U」【PC家電_027P2】【あす楽対応_関東】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.19

Web Caster V110 のPPPセッション切断問題の解決例

結論
VDSLモデムとV110間のケーブルを取り替える

接続
Bフレッツマンションタイプに入っていて,マンション下までは光ファイバが来ています.各戸まではVDSLモデムを使用し,V110とVDSLモデムを接続しています.
http://support.nifty.com/support/manual/connect_set/bflets/support_setup_webcasterv110.htm
http://flets.com/misc/prom_b-mansion.htmlより
VDSL宅内装置とパソコンの間にルータ(V110)があります.
マンション棟内

問題の現象
インターネットに繋がらないことがあり,V110を見るとPPPとVoIPのランプが消灯している.
VDSLをみるとLANのACTランプが激しく点灯している状況.
V110とVDSLのモデムの電源を入れ直すと復帰して接続したのだけど,私がいない時に家族が対応できなくなることがあったのでNTTへ連絡した.

NTTの人に来てもらったが
故障窓口へ電話すると担当から折り返し電話がきてMDFもみたいとのこと.組長さんに鍵をかりて待機した.
担当の人が来ていろいろ見てくれたが,そのときには現象が出なかった.ただV110のログを見るとPPPのセッションが切れていることは確認できたので私の言っていることは理解してもらえたよう.
ルータとモデムの問題ではなさそうということでMDFをみに行ったところ,光からVDSLの集合装置にケーブルが緩かったという報告を受けた.
接触の問題で装置に負担がかかっていたのかもということで,今回はこれで様子を見ましょうということになった.
しかしその日の夜にまた同じ現象が起こってしまった

アナログ的な問題
さて困ったと思っていたけど,担当者が言っていたことが頭にこびりついていたので,ケーブル周りを見直そうかなと思って,VDSLとルータ間のケーブルを触ったらVDSLのACTランプが激しく点滅したいたのが急に消灯した
これはと思ってケーブルをいじってみると,ケーブルの曲がり具合によって点滅した消灯したりするじゃないですか!

カテゴリー6e
とりあえず,家にあったカテゴリ5のケーブルでつないでおき,その日は様子をみました.翌日会社帰りにビックカメラにいって,シールドのあるケーブルと思いカテゴリー6eのものを購入.見ると用途にDSLモデムが書いてあった.

そんなわけで,3日経っても再現しないのでこれで問題解決したと思う.
あとは宅内からVDSLまでのケーブルをシールド性の高いものに変えてみようかしら.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

iPhoneで聴いている曲をlast.fmへscrobbleしました

以前にiTunesで聴いている曲を記録する音ログ使っていましたが,サービスが停止してしまったので,mixiに書き込んでいました.
ところが昨年末くらいから妻がBarry Manilowにハマってしまい,家のiTunesはこれのヘビーリピートです...

iPhoneで聴いている曲を記録してくれるのないかなーと探していたらlast.fmがあるじゃないですか.これPCからもネットラジオのように聴けるしいいですね.
iPhoneの正式アプリは日本以外のiTunesStoreからでているようですがCydiaにsccrobbleするアプリがあったので入れてみました.
ブログパーツにも登録してみましたので,last.fm興味のある方は参加してみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

ジム カールトン「アップル<上><下>ー世界を変えて天才たちの20年」

図書館にあったので借りました.

アップルコンピュータが生まれてからiMacが誕生するところまでの内部ストーリー
おもにアップルCEOとボードメンバーの動きが見えます.
なぜジョブズがアップルを去ることになったのか,そしてスカリー,アメリオが.
内部関係者からのインタビューを元に作っただけあり,なぜアップルが衰退してしまったのかがわかります.
ただしボリュームがかなりあるので,人物関係図(相関図)がほしかったところ.あと訳を分担しているためか日本語訳におかしな言い回しがありもう少し推敲してほしかった...それでも読み進めるだけの勢いがこの作品にはあります.アメリカではビジネス書のランキングに乗ったというのも嘘ではないです.
トップに振り回されるエンジニアorプロジェクトというのはよくある話ですがここまで酷いのは...

ただその後のiMac,iPod,iTunes,AppleStoreなどの隆盛を匂わせるところまではいかず,ジョブズの再登場で終わっているのがこのあとが読みたいと感じる読了感です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

SwirylMMSのデータを戻す

ファームウェアのバージョンアップを行うとSwirlyMMSのメールもすっかり消えてしまうので再セットアップ後にデータを戻す.

バックアップのエントリーで書いたように書き戻しもDiskAidで行う.
・一応,SwiryMMSのアプリは終了させて,/var/root/Library/MMSApp/Folders/以下のデータを書き戻す.
・書き戻したらSwiryMMSを再起動させてメールが見れるか確認する.

1メール1ファイルで作成されていて,メールのindexとかは無いみたい.
これなら起動に時間がかかるのもわかる気がする.

ファイル形式は
(受信年月日)_(受信時間)_(送信者アドレス)_(番号).recv
という形式
MMSを受信していない先行受信ファイルは
(受信ファイル名).notif
のようだ.
ただファイル内容の形式がいまいちよくわかっていない.

(追記)
今回入れた1.3.2ではSoftBankのAPNがいくつか選べるのでSIMに応じて選択した方がよいと思う.っていうかどうやって取得したのかわからない(SIMからか?)けど割れすぎだと思う.
あとUserAgentにX02NKが追加されている.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firmware2.2.1のカスタムファームのインストールから設定まで

今回はJB2.2->JB2.2.1のまとめ.自分用なので他の人には目的が合わないことがあるのでファイルが無くなったとかの責任は持てません.

1)バックアップを取る.
JB以外のデータはiTunesでバックアップができる.iTunesとiPhoneを接続してバックアップをとる.
JBの関連データを手動でバックアップする.JBはツールが多くてデータ保存がなかった,SwirlyMMSのメールくらい.ほかは適時おこなう.

2)カスタムファームの作成
検索すればすぐにわかる.有名どころでiPodayさんのエントリーが条件が一緒だったので参考になりました.押さえどころとしては
・PwnageToolを使うとベースバンドは変わらない.
・Activate the phoneのチェックを外す.
・Root partitionのサイズを増やす.

3)ファームのインストール
option+復元クリックで上で作成したカスタムファームを選択してひたすら待つ.
JB2.2->JB2.2.1なのでDFUをする必要がないのでDFU問題には引っかからない.

4)アクチベーション
ファームのインストールが終わったら,データの復元が行われる.そのあとにアクチベーションが行われるのでSoftBankの場合はiPhnoe用の黒SIMを挿しておくこと.Wifi接続できるところにいると3Gでの課金が行われないので少し安心.

5)Cydia関連のアプリをインストール
まがCydia Storeからのインストールは試していない.
Cydia Install から入れたアプリ
・yellosn0w
・SBSetting
・BossPrefs
・Cycorder
・SwirlyMMS
・Mobile Terminal
・OpenSSH
・SysInfoPlus

yellosn0wをインストールしたら,SIMを変更してAPNを変えて動作するか確認する.APNの作成や設定についてはあとでまとめたい.

6)sshの設定など
Cydiaを入れるとsshが空いているのでこれを変更する.取り合えずは使わないときはBossPrefsやSBSettingsでオフにしておく.
いろいろやり方があるみたいだけどあとでまとめる.

7)AppStoreで入手したアプリのインストール
iTunesで同期をすればOK.
ただアプリが多すぎるのでちょっと精査したいところ.

とりあえず.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.10

ココログログインアカウントの変更について

さきほどメールが来たのですが要はココログのログインアカウントを@niftyのアカウントに置き換えますということのようです.
ココログフリーは対象外(まあアカウントが無いから当然か)
ブラウザに残っているときは良いんですが,忘れるときがあるのでこの変更はありがたいです.
openIDとの連携も期待したいところです.

あとはスケジュールどおりに行ってくれれば...ですね.

【対象】

@nifty接続会員版ココログ(ベーシック/プラス/プロ)が対象になります。

※ゲストアカウントを設定されている場合はそちらも対象です。
※ココログフリーは対象外です。

【変更内容】

 ・現状のココログアカウントとパスワードを廃止し、@niftyID/@niftyユーザー名とそのパスワードでのログインに変更いたします。

【スケジュール】

以下のスケジュールで段階的に移行を実施します。

●2009年3月17日〜

 現状のココログアカウントに加えて、@nifty ID/@niftyユーザー名でもログインができるようになります。

 ログイン時にラジオボタンでいずれかを選択し、ログインします。

※ゲストアカウントは@niftyID/@niftyユーザー名を持っていないため、従来通りココログアカウントのみでのログインになります。

●2009年6月上旬予定〜

 @niftyID/@niftyユーザー名のみのログインに変更となります。

 ログイン画面からID選択のラジオボタンを撤去され、以降はココログアカウントでのログインができなくなります。

●2009年6月下旬予定〜

 @niftyの他サービスとの認証連携開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SwirlyMMSのバックアップ

SwirlyMMSのデータは
/var/root/Library/MMSApp/Folders/
以下のフォルダをコピーすれば良いらしい.

http://www.swirlyspace.com/forum/viewtopic.php?f=8&t=1029

2

DiskAidを使うとiPhoneのrootフォルダから行ける.
ただこのファイルの中身はどういう形式で残っているかが不明.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

レコードを今聴くには「Record DIGITAL AUDIO」

いまはCDをiTunesに落としてもっぱらiPod/iPhoneで聴いている毎日なのですが、CD以外はどうするの?という問題が付きまとってきます。

とくにLPはかさ張るし保存がデリケートなのと、さらにプレーヤーが今無いなーと思っていたところこんな商品が。

Record DIGITAL AUDIO

USB端子がついていてPCへ接続が可能!
というあたりがとてもうれしいです。

ちかくのレコード屋さんが引っ越すというので半額セールを行なうようで、家族が狙っているのでホワイトデーにこれがいいかなと思ったり。

追記.早速楽天に出たのでポチッとしてみました. 【当店ポイント2倍】ノバック Record DIGITAL AUDIO【税込】 NV-RP001U [NVRP001U]/※ポイン...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »