« あけましておめでとうございます | トップページ | プリモディーネ »

2008.01.12

千石涼太郎「いんでないかい!!北海道」

千石さんの本を読むと、自分が上京してからどのくらい経つのかを意識してしまいます。
郷愁を思い起こす言葉やしぐさが、いかにも的なコメントでまとめられています。

第一章 言葉で感じる北海道 より

ゆるくない? ゆるい? でもゆるくない?
ちょべっとのじゃら銭
かますのねっぱるのなーんだ?
なにかとクサイ北海道

これらは地元にいる人にはあまり気にしないものですが、元道民には「そーなんだよねー」となります。
わたしの文章も語尾に「ねー」が入ってしまうことを気にするときがありますが、これもやっぱり道産子の血なんでしょうか…

二章以降は道央と函館近辺しか周った事の私としては北海道に帰ったときに行ってみたい、食べてみたい、見てみたいリストとしてよかったです。

そういえば、ソイとか食べてないなーと思いました。
2月に帰省するのでそのときは石狩鍋とハタハタと本書には紹介されてなかったけどタチ汁(たらの白子)を食べたいなー。
タチ汁は子供の頃「のうみそ!」(失礼)とか言って遠慮していたんですけど、知らない間に好きになりました。

いんでないかい!!北海道 いんでないかい!!北海道
千石 涼太郎

グラフ社  2007-11-21
売り上げランキング : 79118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | プリモディーネ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/17672006

この記事へのトラックバック一覧です: 千石涼太郎「いんでないかい!!北海道」:

« あけましておめでとうございます | トップページ | プリモディーネ »