« 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス | トップページ | 良いお年をお迎え下さい »

2007.12.30

村山由佳「天使の梯子」

天使の卵から10年というPOPに惹かれて購入。

前作での主人公であった歩太がどのようになったのかが気になって読み進めていったけど…読めども読めども出てこない…。
これは歩太の元恋人で春妃の妹であった夏姫と彼女に恋してしまった元教え子のフルチンこと古幡慎一のお話。

歩太・夏姫・慎一の三人で月夜を見ながら、それぞれの想いを告白するラストシーンはまるで懺悔であり、「卵」であっという間にいなくなってしまった春妃への気持ちに区切りをつけて許すという気持ちになれたことで作者も読者も落ち着くところへ落ち着いたのではないか。

慎一のバックグラウンド特に祖母との関係はちょっと宙ぶらりんな感じではあるが、祖母の死でショックを受けている慎一に夏姫の対応がまた春妃との邂逅へと繋がっていく。

続きを書いてほしくなかったという読者もいたようだけれども、作者が10年ここまで苦しんでいたのであれば彼女自身が許しを請いたいのかと思わせる思いを感じた。

天使の梯子 (集英社文庫 む 5-19)天使の梯子 (集英社文庫 む 5-19)
村山 由佳

集英社 2007-10
売り上げランキング : 57076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス | トップページ | 良いお年をお迎え下さい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

もう大晦日、お忙しそうですね。
今年はご無沙汰ばかりでごめんなさいでした。
来年も、よろしくお願いしますね!

良いお年を~!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007.12.31 22:14

猫姫さま

コメントありがとうございます!
来年はもう少し映画を見れるような時間を取りたいなーと思っています。

投稿: みつ | 2007.12.31 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/17523304

この記事へのトラックバック一覧です: 村山由佳「天使の梯子」:

» 村山由佳『天使の梯子』集英社文庫 [活字の宇宙へと]
『天使の卵』の10年後を描いた作品。ドラマを先に観てから本書を読んだが、この順番は完全に失敗だった。特徴のありすぎる「フルチン」の顔がちらついて、読んでいて集中できなかった。ただ、小説の出来としてはやはりよかった。前作の終わり方がせつなすぎて、どうにかな..... [続きを読む]

受信: 2008.01.20 21:37

« 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス | トップページ | 良いお年をお迎え下さい »