« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の5件の投稿

2007.12.31

良いお年をお迎え下さい

今年は帰省する予定はなかったのですが、孫に会いたいパワーに負けて今日から帰省しています。
昨日から寒気が入ってきて雪が大変かなと思っていたのですが千歳-札幌も道路に雪がなく落ち着いた年越しができそうです。

紅白のさださんは残念ながら生で見れなかったのですが、録画しているので帰ったらゆっくり見直そうと思っています。

家族が増えてからなかなかブログの時間が取れないのがもどかしいのですが、途切れないように来年もポチポチ書いていけたらと思っています。

来年もみなさまにとって良い年でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.30

村山由佳「天使の梯子」

天使の卵から10年というPOPに惹かれて購入。

前作での主人公であった歩太がどのようになったのかが気になって読み進めていったけど…読めども読めども出てこない…。
これは歩太の元恋人で春妃の妹であった夏姫と彼女に恋してしまった元教え子のフルチンこと古幡慎一のお話。

歩太・夏姫・慎一の三人で月夜を見ながら、それぞれの想いを告白するラストシーンはまるで懺悔であり、「卵」であっという間にいなくなってしまった春妃への気持ちに区切りをつけて許すという気持ちになれたことで作者も読者も落ち着くところへ落ち着いたのではないか。

慎一のバックグラウンド特に祖母との関係はちょっと宙ぶらりんな感じではあるが、祖母の死でショックを受けている慎一に夏姫の対応がまた春妃との邂逅へと繋がっていく。

続きを書いてほしくなかったという読者もいたようだけれども、作者が10年ここまで苦しんでいたのであれば彼女自身が許しを請いたいのかと思わせる思いを感じた。

天使の梯子 (集英社文庫 む 5-19)天使の梯子 (集英社文庫 む 5-19)
村山 由佳

集英社 2007-10
売り上げランキング : 57076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

シリーズ本のパパ編とのことで購入しましたが…

対象読者は「忙しいパパ」なのだろうが、購買対象はあくまでも「子育てに協力的でないパパを持つママ」なのだろう。
だから内容の中心は大変なママとの接し方になっている。

しかし、これって一般的なコミュ論やリーダー論で書かれていることで目新しいことは無い。
コーチングという観点では心構えとして読むことはできるがシリーズ本を読んでいれば本書から学ぶべきは少ない。

私としては妻や子との距離感をどのようにとるか、特に子供の誕生によって、妻との関係が大きく変化してしまったことに関する内容を盛り込んでほしかった。

アマゾンやmixiではママから大絶賛なので目論見どおりというところなんでしょうけどね。
シリーズ本を1から読んでいる身からすると、ここまできてこれでは成長ないだろうとつっこみたい。

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
明橋 大二 太田 知子

1万年堂出版  2007-11
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.22

村山由佳「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」

天使の梯子の文庫を買おうとしたときに、隣にあったので一緒にお買い上げ。
2年前に読んでいたのですが、再読しました。

村山さんの描くヒロイン像は「おいこー」もそうだけど、

  • ちょっと年上
  • アルトの声の持ち主
  • 白い服(スカート)が似合う
  • 長い黒髪
  • 優しく芯が強い

なんていう共通点があったりして、こんな人になびかない男は普通いないだろうと。

再読にあたり改めて思うのは恋愛小説でありながらそれとは別の視点で生と死に関してテーマがあること。春妃の元彼であったり、歩太の父であったり。そして春妃も…。

村山さんのストーリはありふれた感があるけどそれだけに親近感というか突発的な死という状況にも素直に心を傾けて読んでしまうようです。

江国さんとかだと、情愛としての死とかに結びつくんだろうけど。

そんなわけで、天使の梯子の復習をかねて再読しました。

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫) 天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)
村山 由佳

集英社  1996-06
売り上げランキング : 5673

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.21

今年は「Birthday」だそうで

今年のさださんの紅白はBirthdayに決まりました

いや、うれしいですよ。今年も聞けて。
ですが…
ですが…
ですが…

今年歌う曲じゃないだろ

と思うのは私だけでしょうか?
まあ紅白自体が「これなんていう懐メロ」の状態ですので、「51」や「かささぎ」などを歌っても浮いてしまうのは確かですが。
今度から紅白での選曲理由を載せて欲しいところですね。

年末年始はさださん大忙しです。
こちらもビデオの録画予約のやりくりに大変です。
本家サイトよりもにしさんのところがとても見やすいのでこちらでチェックです。

Birthday Birthday
さだまさし カラオケ 石川鷹彦

ワンダーエンターテイメント  1997-06-21
売り上げランキング : 529284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »