« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の6件の投稿

2007.11.28

1のAに乗っているんですが

名古屋へ移動中です。
ACコンセントが使えると言うことでここに座っているのですが、コンセントの形状が違いませんか(-_-;)
まあ1時間半くらいなので、バッテリーは持ちそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.17

MacBook

そろそろニューマシンがほしい季節になってきました。
コストパフォーマンス的にMacBookはお買い得だと思うのです。
できれば、日々の通勤で使用したいので軽いほうがよいのですが、噂の1月発表の薄型を待つかこれを購入したいところであります。

Apple MacBook Black 2.16GHz Core 2 Duo/13.3/1G/160G/8x SuperDrive DL/Gigabit/BT/DVI MB063J/A Apple MacBook Black 2.16GHz Core 2 Duo/13.3/1G/160G/8x SuperDrive DL/Gigabit/BT/DVI MB063J/A

アップルコンピュータ  2007-05-16
売り上げランキング : 13164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達千夏「モルヒネ」

複数の作家が書いた短編集を読んで、なんとなくフィーリングがあいそうかなと思って購入しました。

余命いくばくもない元恋人との再会をしたホスピス医師、藤原真紀の心情を書くということなのですが、主題に相当するものが多い作品でした。
恋愛小説と謳っていますが…うーん、作品のベースにある在宅医療、緩和ケアというものが作品全体を覆っています。さらに真紀のトラウマとも言うべき幼少期の出来事からはじまるこの作品は医師となった理由というか真紀の生死感が読者に取り付いてきます。

大変重いテーマでありながら、読み進めていけるのはストーリとして恋愛小説を成しているからなのでしょう。元恋人ヒデのと会話は付き合っていたと当時との比較をしながら進んで行きます。
タイトルにあるモルヒネは作品の中では緩和ケアのアイテムとして、そして死を選択しているヒデや死に向かい続けている真紀にとっても魅惑のアイテムとして存在します。
でも死に近づくために選んだ医師という職業というか忙しい仕事であるそのことが死へ近づくためのモルヒネになっているととらえるのは皮肉でしょうか。

切り口を変えるといろいろな読み方ができそうな作品です。

モルヒネ (祥伝社文庫)モルヒネ (祥伝社文庫)
安達 千夏

祥伝社 2006-07
売り上げランキング : 3121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

年末を感じるイベント

年末を感じるイベント
学生の時はサントリーホールと普門館での第九演奏だったけど、ここ数年はみなとみらいでの展示会出展と片付け後のクイーンズスクゥエアのツリーを見ることだったり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.11.15

iPhoneにXT9が入ると面白そう

先日のSymbian Summit Tokyo 2007に出てきました。先着の本を貰おうと思ったのですが、会社を出る前に同僚に呼び止められてゲットはできませんでした(T-T)

+J for S60は当然ながら注目ですね。これで安心して海外端末が購入できます。新しく発表されたN82なんかは触ってみたいです。

面白かったのがT9を出しているNUANCEでT9の拡張のXT9をちょろっと見せてもらいましたNOKIAのN810で(笑)
XT9の特徴的なところはキーボードのキーを間違えて押しても、文字を入れていくと補正してくれるところ。
例えば、「ksosn」とキータッチしても「japan」という単語を選んでくれるわけです。
ペンでタッチするとき文字の入力間違えはあるわけで、これは便利そう。
で思ったのが、iPhoneの文字入力にも反映されないかなと。
ブログをみるとiPhoneの文字入力ミスはみなさん書かれているところなので、XT9の技術がはいるとよさそう。

担当者は「日本ではT9があまり知られてイなんですけど…」なんておっしゃっていましたが、日本のサイトにも載っていないのですから残念ですが仕方ないですね。

過去の記事
テジック、T9を統合した文字入力方式「XT9」を発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

美嘉「恋空」

書籍化の広告を新聞で知ったケータイ小説の本作品をせっかくなので携帯で読んでみることにした。

主人公である美嘉の高校から大学の恋愛を綴った小説というよりも独白日記と言った方がよいか。

ネットでは色んな意味で話題になっているが、確かに純粋に作品としてはとらえると取るに足らないものだ。未だに誤字はあるし、校正がなされていない。書籍化に辺り担当者は頭を抱えるのは容易に想像できる。内容としても、いわゆるネット小説にありがちなストーリーだ。

ノンフィクションとするとわからなくもない。女の子(とあえて書くが)の思考が余りに幼稚で短絡的な気もするが細かな描写には惹きつけるものはあるし、他人の日記を読んでいるように感じさせる。携帯でもかなりのボリュームだったが最後まで読み切れたのはそんなところもあると思う。

ただそれでも力量不足は否めない。話の展開に無理があるところがあるし、まるで複数人で書いてあるかのように、パートで作風が変ってるように感じる。あと最後に死んでしまったヒロの日記が後付けのように載せられる。あれなら美嘉とヒロの日記というか独白を交互に書いたほうが良かったと思う。
某掲示板にあったら間違いなく 釣り だろう。

映画ではどのような脚色になるのか、脚本家の力が試されると言ったら皮肉だろうか。

恋空〈上〉―切ナイ恋物語 恋空〈上〉―切ナイ恋物語
美嘉

スターツ出版  2006-10
売り上げランキング : 136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
恋空〈下〉―切ナイ恋物語 恋空〈下〉―切ナイ恋物語
美嘉

スターツ出版  2006-10
売り上げランキング : 151

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »