« 暑い夏に思い出すこと | トップページ | 角田光代「あしたはうんと遠くへいこう」 »

2007.09.03

諏訪 哲史「アサッテの人」

今年の芥川賞受賞作品です。
小説を書くこと自体を題材にする作品はいくつかありますが、うーんどうなんでしょう。
この手の作品を好む人たちって、作者パーソナルが好きな読者(つまり作者のファン)、小説を書く側の人間だと思うのです。稀に作品自体を斜に構えたり軽い自虐的な作品、ウィットに富む内容を書いて成功する例もあると思うのですが基本的には変化球、猫だましなわけでそれがここまで評価されているのはちょっとわかりません。

アサッテというのは「斜め上」を行く叔父の話をどうにかして小説にまとめようと苦悩(?)というか工程を論説調に仕上げているのだけれども、やはりマジメに書きすぎている感がどうにもいたたまれない。
発音の図示やポンパッの踊りについて家を図解しているところなど小説の枠を超えようという試みが逆に作品の限界を示しているように感じるのには選者のコメントからも同感に思える。

叔父の言葉遊びと言い切ってしまうとこの話はもっとすっきりするようにも感じるし、ロシア語辞典で見つけた言葉からもっと梶を切ってもよかったのではないかとも思える。

アサッテの人 アサッテの人
諏訪 哲史

講談社  2007-07-21
売り上げランキング : 501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 暑い夏に思い出すこと | トップページ | 角田光代「あしたはうんと遠くへいこう」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/16325454

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪 哲史「アサッテの人」:

« 暑い夏に思い出すこと | トップページ | 角田光代「あしたはうんと遠くへいこう」 »