« さだまさし「Mist」 | トップページ | 本日の戦利品 »

2007.09.21

冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース

風花のruruさんに勧められて、近くのTSUTAYAで借りようと思ったのですが生憎映画のサントラしかなかったので、Amazoneで買ってみました。

BlueとRossoどちらかにしようと思っていたのですが、Blueは奏者が気になるし、Rossoは選曲のメロディが気になるということで思い切って両方お買い上げです。

第一印象は「なんて辻ワールド!」です(笑)
どの曲も小説のための書き下ろしではなく、辻さんがチョイスしたものだと思うのですが、それにしてもなんてBlueにマッチしているのだろうかと感じずにはいられません。
1曲目の葉加瀬さんのViolinは確か情熱大陸で使っている曲でしたっけ?
ですが、このアルバムで聴くと違った男性の哀しさが感じられます。
私にとって葉加瀬さんはクライスラー&カンパニーであり、クラシックとはまた違う独特のリズム感を教えてくれた人でした。

溝口さんのCelloは恥ずかしながら初めて聴きました。
やさしい音色がしますね。今度単独のアルバムを借りてこようかと思いました。

そんなわけで感想ってほどでもないですが、冷静と情熱 Blue の世界を思い出すこと間違いなしのアルバムです。

Rossoも楽しみ。

冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース 冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース
イメージ・アルバム 葉加瀬太郎 溝口肇

ソニーミュージックエンタテインメント  2001-05-25
売り上げランキング : 2429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« さだまさし「Mist」 | トップページ | 本日の戦利品 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

みつさん おはようございます
なんだか朝から嬉しいですね^^
ありがとうございます
辻さん江国さんそれぞれの色が感じられて面白いですよね
私はどちらかというとRossoのほうが好みかな

投稿: ruru | 2007.09.21 07:48

ruruさん、コメントありがとうございます。
そして遅ればせながらお誕生日おめでとうございます!
Rossoは購入したのですがまだきちんと聴いていません。
こういうCDというのも珍しいのではないかと思います。
Rossoも楽しみです。

投稿: みつ | 2007.09.21 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/16516899

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース:

« さだまさし「Mist」 | トップページ | 本日の戦利品 »