« RD-X5EX化へ | トップページ | 夏!まだまだ長崎から2007 »

2007.06.10

吉川英治「新・水滸伝」

北方水滸伝にはまっているのですが、たまたまブックオフで吉川英治の「新・水滸伝(1)-(4)」があったので手にしてしまいました。

第4巻で絶筆になってしまった、吉川英治の水滸伝です。
丁度、いま読んでいる祝家荘での戦いまでのお話です。
「新」と銘打っているだけあり、話し言葉や物の例えが日本的にアレンジされているというのを感じます。
とは言え、その言い回しが日本の歴史小説そのもので、当時であればかなりすんなり入っていったのでしょうが、中華の武侠ドラマなどが気軽に見れる昨今ですがかなり違和感を感じざるを得ないです。

またこれを読むと北方水滸伝がものすごい脚色というか物語の再構築を行っているのかというのがよくわかります。
宋江がかなり中心の人物になっていますし、天上界での物語りなどはファンタジー色がたっぷりです。
また各章のタイトル付けなどはある意味いろんな話を組み合わせたと言われている水滸伝の趣を感じさせます。

新・水滸伝〈1〉
新・水滸伝〈1〉吉川 英治

講談社 1989-06
売り上げランキング : 61360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新・水滸伝〈2〉 新・水滸伝〈3〉 新・水滸伝〈4〉 三国志〈5〉 三国志〈4〉

|

« RD-X5EX化へ | トップページ | 夏!まだまだ長崎から2007 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/15388559

この記事へのトラックバック一覧です: 吉川英治「新・水滸伝」:

« RD-X5EX化へ | トップページ | 夏!まだまだ長崎から2007 »