« 藤原正彦「国家の品格」 | トップページ | 新渡戸 稲造「武士道」 »

2006.11.07

十七夜

十七夜

立冬の夜に相応しくなりそうな、凛としたお月様を見ました。

そろそろ暖房器具の出番かな。

|

« 藤原正彦「国家の品格」 | トップページ | 新渡戸 稲造「武士道」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みつさん おはようございます
昨夜11時ごろ娘を迎えに外に出るととても明るくて、煌々と輝く月が見上げた夜空にありました。
十七夜だったんですね。
急に寒くなりました。
お子さんには初めての冬で試練の時ですね。
風邪をひかせないようにどうぞお気をつけください。

投稿: ruru | 2006.11.08 07:23

ruruさん、コメントありがとうございます。
今朝は自宅から富士山と月が一緒に見えました。
富士山も雪をかぶり冬の到来ですね。
子供もあっという間に9ヶ月を過ぎてしまいました。

投稿: みつ | 2006.11.09 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/12597231

この記事へのトラックバック一覧です: 十七夜:

« 藤原正彦「国家の品格」 | トップページ | 新渡戸 稲造「武士道」 »