« 2006 夏 長崎から FINAL | トップページ | ダン・ブラウン「天使と悪魔」 »

2006.08.14

「夏 長崎から」その光と影

20回目の今年でファイナルを迎えた「夏 長崎から」。
さださんの「8月6日の広島の原爆の日に長崎で歌を歌う」ただそれだけというメッセージではじめたイベント。私も数回参加したがTVではわからない残念なことを書いてみたいと思う。

大きくは
イベントとしてのハコの限界。
参加者のイベントへの意識。
だと思う。
さださんは戦争の無い平和な世の中を願ってこのイベントを行っているはずなのに参加している人たちがギクシャクした状況を作ってしまうのはちょっとあまりではないか?

1つめ、整理券の存在。
無料で行われたこのコンサート。ただし入場するには参加券が必要になります。
自由席(というは芝生のためブロックで仕切られているだけ)の前の方を確保するために事前に並ぶわけですが、徹夜組を出さないために前日に整理券を出すというのが慣例になっていました。これを主催者が告知していないために当日朝早く来た人は整理券をもらった人よりもあとに並ぶことになります。問題は(整理券だけではないですが)情報が告知されていないために知らない人と知っている人で差が生じることです。

2つめ、入場後の場所取りとグループ行動。
整理券を取って前のほうで陣取っている人たちはほとんどがグループになっています。
入場したグループが場所をかなり広く取って後から入ってくるグループの人たちを迎える光景をよく見かけます。一緒にコンサートを楽しみたい気持ちはわかりますがせめて入場時には一緒にいてほしいものです。またそのようなグループの陣取ったシートは得てして余っている場合が多いようです。主催者側は「場所を少しでも詰めて入れてあげてください」とは言っていますが、一度敷いてしまったシートを動かすことはほとんど不可能です。

3つめ、トイレが足りない。
稲佐山公園野外ステージは1万5千が定員のようですが、そこで新聞発表が2万8千の状態でトイレがまったく足りません。
この手のイベントには仮設トイレが必須だと思います。
ライブ中にトイレの列が途切れることはありませんでした。ただし無料ライブなので仮設トイレを設置するのは費用的に難しいのだったかもしれませんが。

4つめ、誘導方法に問題あり。
大勢の人を誘導しなければいけなく、後から入場してきた人が先にブロックに入ってしまうなんていうケースがありました。
が、それ以上に問題と感じたのが帰りのバス・タクシーの誘導でした。
今年のタクシーは誘導の列がほとんど意味を成していないで、前に並んでいる人が1時間近く待っていて、後ろに並んでいる人が横入りでタクシーに乗ってしまっていました。また体の不自由な人など優先的に乗るような列も存在せず、誘導するはずの人は「人の列」の誘導ではなく「タクシーの誘導」をしていました。
前方に並んでいた人はかなり怒っていて誘導している人とひと悶着ありました。
確か去年は比較的きちんとしてはずだし、優先の列があったと思ったのですが...。
警察が来てスピーカーで「誘導の人の言うことを聞いて並んでください」とか言っているんですが誘導の方は何もやってくれませんでしたよ...。
結局、前に並んでいる人たちがタクシーの誘導方法を変えたり、列の作るポールを整えたりしました。

総じて参加者の平和への意識が「コンサートだけ」に集中されていてその前後については周りの事を考えない事態が起こったのは残念です。
マイミクの方が「家に帰るまでが夏 長崎からです!」といわれた言葉を(よく聞く当たり前の言葉かもしれませんが)思い出します。
ですがあれだけ人数が多いと集団心理に左右されるのは仕方の無いこととも感じられます。
それだけに主催者側の平等な情報公開と冷静で毅然とした(プロフェッショナルな?)参加者への対応を求めたいです。

すばらしいイベントだけにあえてネガティブな内容を書きました。

|

« 2006 夏 長崎から FINAL | トップページ | ダン・ブラウン「天使と悪魔」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに問題は多いですね。それは気になりました。整理券を並んでいる時、何ヶ月も前から紙を貼っていたりして。15人とか、30人なんてグループもいましたね。場所取りは競争でしたね。仕方ないことかもしれませんが。トイレは本当に足りなかった。行きたくないために水分控えてしまいました。
誘導は、20年もやってきたとは思えないほどお粗末だと思いました。タクシーのトラブルは本当にイヤでした。あたたかいコンサートの後に、あんなに刺々しい雰囲気になって悲しくなると同時に具合も悪くなって薬飲みました。早くあの場を離れたくても、私は病人に見えないし、タクシー乗るまで結構辛かったです。バスもかなりトラブルがあったみたいですね。
このイベントは長崎だからこそ20年できてきたことなんじゃないかと思いました。例えいろんな問題あっても、「夏・長崎から」だからこそ続けてこられたのであって、来年の広島でのコンサートを同じ形態でやるのは難しいんじゃないかと思います。まだ行くとはっきり決めたわけではないんですが、きちんと座席決めて、有料でやってもいいんじゃないかとか、いろいろ思います。恐らくさださんは無料にこだわるとは思いますが、だとしたらスタッフは長崎以上にしっかりしてさださんの思いを支えてほしいものです。

投稿: みやび | 2006.08.18 04:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/11438347

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏 長崎から」その光と影:

« 2006 夏 長崎から FINAL | トップページ | ダン・ブラウン「天使と悪魔」 »