« 月見茶屋 | トップページ | 「夏 長崎から」その光と影 »

2006.08.09

2006 夏 長崎から FINAL

20回目となった最後の「夏 長崎から」。
今年も暑い長崎を体験することになりました。
例年になく参加者の入りが早くまた多いのが目につきました。
開演の16:30前には稲佐山へ向かうシャトルバスが運行をストップしてしまったというのですからうかがい知ることができると思います。

全国放送はまだですのでなるべくネタばれしないように...
タクマニッキにもありますが、スタートは宅間さんのホイッスルで始まる定番の「長崎小夜曲」。
この曲を聴くたびに長崎へやってきたんだな、これから最後の”夏 長崎から”が始まるんだなと思うのでした。

この稲佐山の野外ステージは来るたびごとにドキドキさせてくれます。
頭を揺らすかのような蝉の声がするかと思えば、暑い中トンボが初秋を思わせるようにすいーっと飛び交います。
また空を見上げれば、入道雲が見える年もあれば今年はいわし雲でした。
また今年は雲の無い青空を飛行機雲が新しく作られていくの見ました。
また段々と日が沈んでいって雲が茜色に染まる雲をステージではじまっているゲストの曲を聴きながら見る、そんな幸せな空間がそこには存在します。

FINALということでさださん自身も悔いの残らないものにしたいと思ったのでしょう、今回はいつも以上にバラード曲が多かったのではないかと思います。ちょっとだけさださんの本当のラストコンサートってこんな感じになるのかなと不謹慎ながら思ってしまいました。
アンコールラストの曲は”天然色の化石”でした。その前は”長崎の空”。実質この曲が演出的にラストだったのではないかと思います。
またこの稲佐山で歌を歌いたいそう思わせる力が今回はありました。

今回のFINALの中でさださんが言った2つのことがとても印象に残っています。(正確ではないですが)
今回20回やってきて、いま後悔している事がある。この長崎からの趣旨は一貫していた。8月6日の広島の日に長崎で歌を歌う。そして家族について平和について愛する人を思う時間をつくること。さらにもう一つ思うだけではなくてやれることでよいので実行してほしい。

アンコールで来年は8月9日の長崎の原爆の日に広島で歌う。これをやらないと自分の業は終わらない。

私が座った前のシートに聴覚障碍のグループ(家族?)がいました。
彼らは耳が不自由な中精一杯に歌い、踊り、手を振っていました。
私が印象に残ったさださんのメッセージは一緒にいた健常者の方が手話とゆっくりとした言葉で彼らに伝えていました。メッセージを聞いて大きく頷きながら目を輝かせていた彼らの顔がとても印象的でした。

もうひとつ今回のコンサートで教わったことがありました。「笑い」は平和に必要なんじゃないかと。
コロッケさんがゲストで登場してさまざまな人の物まねをしてくれました。
物まねする人物とやる歌(?)がかなりブラックに近いところがあるのですが、そのようには感じさせないで笑わせてくれる。笑いも平和の原点なのかなと改めて気づかせてもらいました。

来年の8月6日、8月9日、私はどこで何をしているのだろうか。

|

« 月見茶屋 | トップページ | 「夏 長崎から」その光と影 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。
素敵なコンサートだったみたいですね。
様子が伝わってきました。
テレビで放送されるのが楽しみです。
いつまでも笑顔でいられるように。
世界中から戦争がなくなるといい。

投稿: sandy | 2006.08.10 06:54

みつさん、長崎お疲れ様でした。
満喫されたご様子で、良かったです。
現地じゃないと体験できない周囲の様子まで教えて頂いてありがとうございます!放送が待ち遠しいです・・・。
「笑顔」って心も体も健康にしてくれるんですよね。
「みんなが笑顔でいられる!!」そんな世界になりますように・・・。

投稿: 向日葵 | 2006.08.10 08:10

みつさん!ありがとうございました!!
最後の「夏・長崎から」が遂に終ってしまいました・・・。今、すごく実感があります。
まっさんが蒔いた「平和の種」を絶やさず私達も蒔いていきたいと思います・・・。

まっさん!ありがとう!

投稿: エイドリアン | 2006.08.10 16:49

飛行機雲、見ましたね。今でもはっきり覚えています。大きな太陽が暮れてゆき、月が美しく輝いてくる。時のうつろいを実感できるのが野外の素晴らしさですね。
耳が不自由なご家族も、例え聴こえなくても楽しんでいるのがとてもよく伝わってきました。音楽の力って凄いなと思いました。

このコンサートに参加できて、私も主人もとてもしあわせでした。みつさんには本当にお世話になりました。ありがとう。私の家族、みつさんのご家族を想います。このコンサートに立ち会った全ての人たちを想います。いろんな事情で、立ち会えなかったけれど、このコンサートに熱い想いをかけてきた人たちのことも想います。みんながいつまでも笑顔でありますように。

みつさんの素晴らしいレポを読ませていただいて、私はどう書こうか、ちょっと焦ってます。

投稿: みやび | 2006.08.11 01:29

ご無沙汰していました。
訪問が遅れてしまいました。

みつさんの記事から
ライブでのメッセージが伝わってきました。
お疲れさまでした。
ありがとうございます。

このコンサートは
いろいろな人が、いろいろなことを
感じ取るきっかけとなっていると信じています。

投稿: まみ | 2006.08.16 10:29

■sandyさん
いつもありがとうございます。
テレビ私も楽しみにしています。

■向日葵さん
笑いって大事だなーと今回は教えられました。みんなが笑顔になるといいなと思っています。

■エイドリアンさん
お疲れ様でした!今度は私たちが「平和の種」を少しずつでも撒いていく番ですね。頑張りましょう!

■みやびさん
いえいえ、こちらこそお世話になりました。とても思い出に残る「夏 長崎から」になりました。
みやびさんのブログも楽しみにしています。

■まみさん
ネタバレ系は他のところで書かれていますので、私が感じたことを書いてみました。
さださんからのバトンはみんなに渡されたのだと思っています。

投稿: みつ | 2006.08.17 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/11359412

この記事へのトラックバック一覧です: 2006 夏 長崎から FINAL:

» 2006夏長崎から さだまさし [ぐうたら日記]
「2006夏長崎から さだまさし」 20回目となる昨夜、今年で最後となった。 今年は行かなかったけど、昨年スタレビが ゲスト出演したときに初めて見に行った。 昼間は暑いけど、山の上なので陽が落ちるとかなり涼しい。 野外ということもあり、かなり楽しい。 1度しか..... [続きを読む]

受信: 2006.08.11 00:00

« 月見茶屋 | トップページ | 「夏 長崎から」その光と影 »