« セミナー講師やりまーす | トップページ | logtaskをはずす »

2006.07.10

さだまさし「美しき日本の面影」

ココログ重すぎです。メンテして直んないのであれば移動するかちょっと考えます。

さださんの「美しき日本の面影」さっそく読了しました。
中身は「旅」で連載していたものに加筆しているようです。あの雑誌、大きな書店にしか置いてなかったので全部読んではいませんでした。再録という意味でもよかったと思います。

さださんが日本中を旅しているなかで出会った、”妖精”たちのエピソードです。
たですがコンサートトーク、会報などで既に聞いたことがある内容ではありますのでま虫な方にはちょっと物足りなかったかも(私はちょっと期待はずれ)。

読了後に感じたことはエピソードにでてくる妖精たちを見つける(見つけ続けている)心の優しさとそれを表現する(し続けている)心の強さです。
さださんの曲や本で書かれていることは得てして綺麗ごとに見られてしまい誤解を受けられがちです。自身もそれに対して苦悩していた時期もあったようですが曲げずに一貫して書き続けている力強さや、それを失わないようにしようとする努力というようなものを感じました。
夏 長崎から」は今年で一度幕引きですがそれもまた長崎からで産まれた妖精たちを守るためでもあるのかもしれません。



美しき日本の面影美しき日本の面影
さだ まさし

新潮社 2006-06-29
売り上げランキング : 5430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« セミナー講師やりまーす | トップページ | logtaskをはずす »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/10868713

この記事へのトラックバック一覧です: さだまさし「美しき日本の面影」:

« セミナー講師やりまーす | トップページ | logtaskをはずす »