« 池波正太郎「鬼平犯科帳16」 | トップページ | スサンデキタ »

2006.06.11

池波正太郎「鬼平犯科帳 17 鬼火」

特別長編です。
名前さえついていなく、土地の人は「権兵衛居酒屋」とよばれる居酒屋に何気なく木村忠吾は入るそんなことから話は始まります。
うさぎ(忠吾)とは別に偶然そこへ平蔵が立ち寄ったときに「権兵衛」の女房が切られて、もと二本差しであるらしい亭主は逐電してしまう...
謎を追ううちに旗本やご典医の名前も...

鬼平犯科帳〈17〉特別長篇 鬼火鬼平犯科帳〈17〉特別長篇 鬼火
池波 正太郎

文藝春秋 2000-11
売り上げランキング : 56388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 池波正太郎「鬼平犯科帳16」 | トップページ | スサンデキタ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/10478893

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「鬼平犯科帳 17 鬼火」:

« 池波正太郎「鬼平犯科帳16」 | トップページ | スサンデキタ »