« 唯川 恵 「不運な女神」 | トップページ | 2ポート シリアルPCI ボード REX-PCI60 »

2006.05.23

池波正太郎「鬼平犯科帳 12」

鬼平シリーズもようやく折り返し地点につきました。
いままでは鬼平こと平蔵の手際のよさが目立つ作風でしたが、このあたりからちょっと趣向が変わってきています。

高杉道場時代、竜虎と呼ばれていた平蔵と左馬之助と又兵衛を加えた三羽烏。その又兵衛を描いた、高杉道場・三羽烏は盗みに入るお寺からして、「やってもいいんじゃない?」と思わし召そうな感じです。

ただ最高なのは密偵たちの宴です。昔の盗賊たちで平蔵を心酔して密偵になっている人たちもときおりは疼くこともあるようです。特にト書きになっている箇所は小説というよりは筆をすべるようにして書いている池波が見えるようです。
見張りの見張りは推理小説としてみても面白いかも。

鬼平犯科帳〈12〉 鬼平犯科帳〈12〉
池波 正太郎

文藝春秋  2000-08
売り上げランキング : 29,228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 唯川 恵 「不運な女神」 | トップページ | 2ポート シリアルPCI ボード REX-PCI60 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/10200955

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「鬼平犯科帳 12」:

« 唯川 恵 「不運な女神」 | トップページ | 2ポート シリアルPCI ボード REX-PCI60 »