« PLAY-YAN micro | トップページ | 銀座あけぼの さくらもち »

2006.03.01

Joel on Software

「あー、やっぱり。そうだよね!!」
そんな言葉がが連発する書です。

コンピュータのプロジェクト管理に関するマネージャ向けの本だよと筆者は言っていますが、開発者も読むべきものでしょうね。
特にオープンソースやアジャイル開発をしていて不安に感じている人、また旧来のウォーターフォール型の開発手法でがんじがらめに縛られている人。
そんな人たちにとってはみょーに納得することが多い書籍だと思います。

他にもこの本の読む切り口はいろいろあると思います。
・Excel5時代(いまもか?)のマイクロソフトの開発手法
・「自由な」やアジャイルに懐疑的に書いてありながら、よいところは取り入れて実践してきているということ。
・プログラマーを雇うための面接について
・マイクロソフトがなぜ世界最大のソフトウェア会社になったのか。

ともかく一番の説得力があるのは筆者が実践してきていることが書かれているって事。
そして驚きなのがそれをマイクロソフトにいたときにやっていたってこと。

Joel on Software Joel on Software
Joel Spolsky 青木 靖

オーム社  2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« PLAY-YAN micro | トップページ | 銀座あけぼの さくらもち »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/8892248

この記事へのトラックバック一覧です: Joel on Software:

« PLAY-YAN micro | トップページ | 銀座あけぼの さくらもち »