« 謹賀新年 | トップページ | 佐野 正幸「1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日」 »

2006.01.02

三浦 展「下流社会 新たな階層集団の出現」

年末に読んだ本です。
気にはしていたのですが、ベストセラーとかは買わない主義(天邪鬼と呼んで(^^;)なのでしたが、妻が「古本屋で置いてあったから買ってきた」といって居間においてあったので読みました。
一言でいうと「微妙~」です。
マーケッティング(でいいのかな?)の人たちから見た団塊世代や私のような団塊ジュニア世代そしてちょこっと新人類世代をどのように位置づけている(階層化している)のかということがわかる本だと思います。

はじめの方は妻曰く「学生のレポート」というのは的を得ている感じ。
如何に下流社会になっているかを数字を使って論破していこうという感じなのですが...
確かにその数字には裏づけがあるとは思うのですがなんか納得できない感じがするのは書き方なのかな??
その読みつらさを乗り越えていくと、団塊ジュニア世代はどうするのか?という話になってきてこっちは私のこれからのことも含めて興味は持てましたが対象外の人はどうなのかな?と

読了後に朝日新聞の書評のインタビューで著者が「こんなに反響があるとは思わなかった。けど警鐘を鳴らしたつもりだけどそれが伝わらなかったのが残念」というような趣旨のことが書いてあり、ちょっとほっとしました。

マーケッティングを行う方、そしてそのメインターゲットである団塊世代、団塊Jr世代の人は読んでも損はないかもです。
アメリカのような超消費国家は行き過ぎだけれども、下流社会が広まってくると江戸時代よりももっと住みずらそうな封建社会が実は待っているのはもっといやだなと感じました。

下流社会 新たな階層集団の出現 下流社会 新たな階層集団の出現
三浦 展

光文社  2005-09-20
売り上げランキング : 362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに私はロハス系らしいです。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 佐野 正幸「1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/7967033

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦 展「下流社会 新たな階層集団の出現」:

» 下流社会 [ねぶかどねざる]
著者:三浦展 出版社:光文社 「いつかはクラウン」から「毎日100円ショップ」の時代へ  もはや「中流」ではない。「下流」なのだ 「下流」とは、単に所得が低いということではない [続きを読む]

受信: 2006.01.04 08:43

» 「下流社会」〜格差社会がやってきた [サブまりん]
下流社会 新たな階層集団の出現 三浦 展 勝ってるだの負けてるだの言っていると思ったら、今度は「上流」「下流」ですか。 本書で言う「下流」とは、本当に生活が困窮している「下層」のことではありません。 決して裕福ではないがDVDプレイヤーもあり、パソコンもある。 しかし、中流に比べて何かが足りない。いや、すべてが足りない。 コミュニケーション能力、生活能力、働く意欲、学ぶ意欲、消費意欲。 全体的に意欲がないために、結果として稼げず、結婚もできないのだとか。 みんなが中流... [続きを読む]

受信: 2006.01.05 15:10

» 下流社会 新たな階層集団の出現/三浦 展 [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
下流社会 新たな階層集団の出現三浦 展 光文社 (2005/09/20)売り上げランキング: 362Amazon.co.jp で詳細を見る ドキっとします。 「下流」の定義。 低所得かつ、生活能力、労働意欲、学習意欲、消費意欲などの生きることへの意欲が低いくせに、自分らしさを追及していたりする人。 すべてではないにせよ、いくつか当てはまるかも、、、と背中に汗をかきながら読みました。 やや刺激的な「下流」という表現�... [続きを読む]

受信: 2006.02.08 08:36

» 下流社会 新たな階層集団の出現 [ある起業家の日々〜株と起業と心と]
家庭環境や教育、収入、属するコミュニティ、思考特性により男性も女性もカテゴライズし、それぞれの行動パターンや晒されている社会環境を解説する。 中間層がなくなり上流と下流に分かれるが、教育や機会が制限されるため、その階層が固定化されることを危惧して....... [続きを読む]

受信: 2006.02.09 23:08

« 謹賀新年 | トップページ | 佐野 正幸「1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日」 »