« 三浦 展「下流社会 新たな階層集団の出現」 | トップページ | ダイレクトオペレーションがくるんじゃないのかな »

2006.01.03

佐野 正幸「1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日」

いつもお世話になっている高校の先輩、佐野正幸さんの本です。
今は無き(?)近鉄バッファローズの伝説の一日である10・19。
その一日を選手ではなくファンの目線で捉えた本です。

いつも思うのですが佐野さんの本を読むと野球観戦がしたくなってきます。
TVでは味わうことのできない、球場の開放感、ネット裏の緊迫した様子、内野席のほのぼのした風景、ビール売りの声、などを思い出させてくれます。

本書は単行本だったのですが今回の文庫化で新たに10・19の回想ということで淡口、阿波野、筆者による座談会も収録されている。

近鉄ファンのみならず野球ファンならば手に取る一冊でしょう。

1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日
佐野 正幸

光文社 2004-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 三浦 展「下流社会 新たな階層集団の出現」 | トップページ | ダイレクトオペレーションがくるんじゃないのかな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

すごい方が先輩にいらっしゃるんですね。こういう本、私も好きですね。ぜひ読んでみたいと思います。10.19のことは良く覚えています。近鉄もなくなり、仰木氏も亡くなってしまいましたが、こういう形で語り継がれていくのはいいですね。読みます、絶対(゚ー゚)(。_。)ウンウン

投稿: みやび | 2006.01.04 03:17

仰木さんは本当に残念でした。
実は監督就任の時にマスコミでは大きく報道されていませんでしたが がんの話を聞いていました。
でもこんなに早いとは思いませんでした。
ノリや清原がくるもの仰木さんの最後の置き土産なんでしょうね。

投稿: みつ | 2006.01.04 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/7986307

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野 正幸「1988年10・19の真実―「近鉄‐ロッテ」川崎球場が燃えた日」:

« 三浦 展「下流社会 新たな階層集団の出現」 | トップページ | ダイレクトオペレーションがくるんじゃないのかな »