« さだまさし ディナーショー(お食事編) | トップページ | ディナーショー (ホテル編) »

2005.12.27

ディナーショー (コンサート編)

はじめてのディナーショーに参加しました。
さらにはじめてコンサートの曲目をメモしました。コンサート会場でも曲目のメモをとっている隣のかたに何度も遭遇しました。今回は自分の番です(^^;
だってクリスマスのデコレートでいつもより薄明るくて、コーヒーと焼き菓子が置いてあるテーブルが目の前にあるんですよ。メモとってと言っているようなものでしょう。

アコスティックな編成かと思っていたら、フルメンバーがはいってきて、さださん登場です。

小夜曲
ムードあるバイオリンの調べでスタートです。
曲が終わった後いつものMC
「どーも、みなさまこんばんは。 さだまさしです。」
ディナーショーをはじめてから20年たったそうです。20年前自分で考えたディナーショーというのは観客と触れ合うことだと勝手に思っていたようで、ディナーショーではみなさんと握手するのを始めました。と言って会場の一番うしろへ行って次の曲を歌いながら一人一人と握手を始めました。

セロ弾きのゴーシュ
久々に生で聴くのですがギターとマリンバがとてもよく耳に入ってきます。

道の途中(on the way)
宅間さんの鉄琴が冴え渡ってます。
私達はうしろのほうだったのでこの曲の最中に握手するチャンスを得ました!!
確かに一瞬だけでしたがきちんと一人一人目を合わせて握手をしながら歌うまっさん。
すばらしい。

落日
「歌っている最中に声をかけると歌詞を忘れるので声をかけたり、物を渡さないでください(笑)」といって落日のイントロ。
コンサートでもみんなで歌う機会の多いこの曲ですから、知っている人はさださんと一緒に歌っていました。

北の国から 遥かなる大地より ~蛍のテーマ~
握手するにはまだ曲が足りないようで、こんな場合には丁度よい曲があります。
といって始まりました。

冬物語
石川さんのギターのアルペジオ、半端じゃないんですけど。
とこしへコンサートではこのアルペジオなのかもしれませんが、3333回やアルバムよりかなりグレードアップしているように聞こえます。さすが大御所、おそるべし。
冬物語のパッケージデザインについて話をしました。

案山子
1・2曲前くらいから「『償い』歌って~!!」と連呼していたおばさん、無事に退場(^^;
同じテーブルだと思われる人たちと出て行かれました。
でも償いっていう雰囲気じゃないことぐらいわかってくれないかな。
クリスマス ディナーショーなんですから...。
そのエネルギーをCD買って聴くか、NHKの投票なんかに力をいれてほしいと願ったのでした。

おむすびクリスマス

「さだにもクリスマスソングはあるんです。当然ながら明るい曲なんてわけはありません(笑)」とともにはじまりました。
この曲はやるだろうと思っていたので一番期待していました。
これも宅間さんの鉄琴がとてもムーディーにそしてちょっと淋しげに心を揺さぶってくれます。

次の曲で最後です。といったら、みなさん「えーーー」と当然の反応(^^;;
「えーじゃない!えーじゃ!次もあるんだから」と言ってます。

女優
まっさんの言葉をそのまま書くと誤解を招きそうなので、要約して。
今回きている人たちのほとんどが熟年のご夫婦な感じに見受けられたかもしれないが
母親も女優として歯を食いしばって演じている。そんな人たちへの応援歌。
そんなことを言われてちょっとこの曲に対するスタンスが変わった感じがします。
アルバムではアコーディオンの部分をバイオリンで弾きます。このバージョンもいいですね。

拍手がなりなやまずに、まっさん再登場。
「ディナーショーって普通アンコールってないらしいよ(爆笑)」

アンコール
フレディーもしくは三教街 -ロシア租界にて-
倉田さんのピアノとドラムが効かせてくれます。
スケールの大きい曲だなと改めて感じさせてくれました。
フルオケでもいいしフルバンドでもそうですが、すこしずつ音を重ねるというか盛り上げていくメロディーラインはすばらしい。

コンサートは17:30過ぎから始まって19:00まで1時間半やってくれました。
時間は短かったですが、日ごろのコンサートでは聞かない好きな曲が多くとても充実した内容でした。

ディナーショー終了後、2部もあるからかステージがそのままになっていたので写真を撮ってきました。(さらにつづく?)

DSCF0339DSCF0338
バイオリンもそのままに。(乾燥しないのかなとちょっと不安)

|

« さだまさし ディナーショー(お食事編) | トップページ | ディナーショー (ホテル編) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いいなあ名曲の数々!「道の途中」とか「おむすびクリスマス」とか大好き!生で聴いてみたいなぁ。いいなあ握手!さださんの手の温もりはいかがでしたか?コンサートとはまた違った魅力がディナーショーにはあるんですね。ありがとうございました。・・・まだ続くのか?

投稿: みやび | 2005.12.28 01:11

みやびさん、いつもありがとうございます。
自分の記録としてつけるブログでしたがみやびさんをはじめみなさんからトラックバックやコメントをもらうととてもうれしいです。

通常のコンサートでは聞かない曲が多くてかなり満足しています。妻もお気に入りの「落日」がでてよかったみたいです。
まっさんが握手で客席を回る以外はバイオリンを使った編曲だったのもよかったです。

コンサート中、ホテルマンの方々が壁際に立っていて、ずーーっとステージを見ていたのが印象的でした。

投稿: みつ | 2005.12.28 16:26

みつさん♪
ディナーショーの詳細報告ありがとうございました。
しっとり聴かせる曲揃いですね~♪
やはり全員の方と握手をしてくださるのですね。
紅白の裏話などはされたのでしょうか?
間近で聞くマリンバとヴァイオリンの音色は素敵でしょうね~
私もいつか必ず~♪~言ってみたいですぅ。

投稿: 案山子 | 2005.12.30 23:10

■案山子さん
もうネタばれ必死(笑)なくらい書きました。
結構懐かしめの曲が多いのでうれしかったです。
握手は...3度目ですがやっぱり、さださんの手はがっちりしてるなーと思います。
紅白の話は曲が決まったことだけでした。それよりもその後の「年のはじめは~」の宣伝をしてましたよ(笑)「オフレコだけどNHKで3回目だからレギュラーになる」って。

投稿: みつ | 2006.01.01 21:44

みつさん、トラックバック有り難うございます。

又去年のさださんのディナーショーのレポート、とても興味深く拝見いたしました。

素敵なお食事に、素晴らしいコンサート
「より、大人の雰囲気」が伝わる素敵なレポートです。
中々普通では敷居が高い感じのディナーショーですが、流石はさださんですね。

さださんと3回も握手をされているのですか、それも素晴らしい!!
又行かれるのかな?その折もまたレポートお願いしますね。

投稿: 羽柴小一郎 | 2006.10.17 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/7867214

この記事へのトラックバック一覧です: ディナーショー (コンサート編):

« さだまさし ディナーショー(お食事編) | トップページ | ディナーショー (ホテル編) »