« さだまさしソロコンサート通算3333回記念コンサートin日本武道館LIVE CD BOX | トップページ | 銀座のおいしい洋食店 「レストラン あずま」 »

2005.12.08

池波正太郎「剣客商売 16 浮沈」

突然に26年前の出来事から始まります。
仇討ちの立会いをしたときに相手の助太刀をした山崎との死闘を思い出しています。
そして山崎の面立ちによくにた青年との邂逅をはたすのです。

剣客商売のシリーズとしてはじめてこの本を図書館で手にとって読み始めたのは9月2日
3ヶ月で16冊+番外編2冊を読んだわけですが、改めて読み返すとはじめて読んだ感想とはまったく違う面を捉えることができます。

確かにストーリの展開がまるでミステリー作品のようですし、小兵衛の会話や行動に人情が垣間見れるのですが前回では感じられなかった老練の小兵衛像がくっきりと浮かび上がって感じることができます。
まさしく人生の浮き沈み、小兵衛の死ということは見せないで人生の終着点を表現するのはすごいと瞠目です。
池波先生がまだ健在であったなら、17・18と続いたのかも知れませんが十二分にシリーズの最終巻としてふさわしい内容・タイトルだと思います。

来年は鬼平へチャレンジします。

4101157464 浮沈
池波 正太郎

新潮社  2003-02
売り上げランキング : 44,641

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« さだまさしソロコンサート通算3333回記念コンサートin日本武道館LIVE CD BOX | トップページ | 銀座のおいしい洋食店 「レストラン あずま」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございます。
> 「いよいよ、次巻で剣客商売も最後になる」
わたしもこの言葉には何とも言えない寂しさを感じました。
池波先生には小兵衛なみに長生きしてもっともっと書いてもらいたかったです・・・。

投稿: Hisoka | 2005.12.09 16:48

Hisokaさん
コメントありがとうございます。
小説を読んでいると古地図をもっていまの東京を歩いてみたくなります。Hisokaさんの写真の風景がオーバーラップしてしまってトラックバックさせてもらいました。

投稿: みつ | 2005.12.12 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/7531656

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「剣客商売 16 浮沈」:

« さだまさしソロコンサート通算3333回記念コンサートin日本武道館LIVE CD BOX | トップページ | 銀座のおいしい洋食店 「レストラン あずま」 »