« 池波正太郎「剣客商売 6 新妻」  | トップページ | ガラスの華 »

2005.10.20

池波 正太郎「剣客商売 7 隠れ蓑」

第7巻にもなると確立されたバックボーンがあるというか、ストーリの展開がだんだん速くなってくるのを感じる。それだけ筆がのっているのかはたまた読書スピードが速くなっているのか。
確かに2週間で3冊くらいのペースで進んでいるから。毎日2・3話は読むことにはなっているが。

傘徳こと徳次郎が主役になる「徳どん、逃げろ」はコミカルに面白い。
タイトルにもある「隠れ蓑」は敵討ち同士のものが二十八年間もよりそって旅をしているという着眼点。
先日TVでもやっていたけど「決闘・高田の馬場」では自分の弟子を想う気持ちがちょっと腰砕け的な解決を図ろうとしてしまうなど、いままで剣客のなかでも剣術に目がいきがちだったが法や剣では始末ができにくい問題に秋山親子がどのように始末するかというチャレンジしている作品だと想う。

4101157375 剣客商売〈7〉隠れ蓑
池波 正太郎

新潮社  2002-12
売り上げランキング : 31,043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 池波正太郎「剣客商売 6 新妻」  | トップページ | ガラスの華 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ 池波さん 読んでみよっかな・・・ と思いました。
明日は なんと給料日 ○ックオフ行かなくちゃ!

投稿: ruru | 2005.10.20 23:48

■ruruさん
ぜひぜひ、どうぞ。
ただ私は購入しないで図書館で借りています。(笑)
読了後の爽快感は時代小説ならではです。

投稿: みつ | 2005.10.23 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/6491189

この記事へのトラックバック一覧です: 池波 正太郎「剣客商売 7 隠れ蓑」:

« 池波正太郎「剣客商売 6 新妻」  | トップページ | ガラスの華 »