« 池波正太郎「近藤勇白書」 | トップページ | 村山由佳「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」 »

2005.07.08

古いメタファを脱ぎ捨てる勇気

PC Watchの山田祥平のRe:config.sysはいつも見ています。
山田さんの話はいつもコンピュータの違った切り口を提供してくれるので私にはとても新鮮に感じます。

今回のディレクトリツリーの森の中では最近のデスクトップ検索からの内容なんだろうが、
階層化構造はというのは元々ファイルシステムの構造からきている問題だろう。
いまのパソコンの性能からすればファイルシステムうんぬんは関係なく、その上にUIをかぶせてツリー型のファイルシステムを隠蔽することは可能だけれども、ユーザがそれに慣れるのか移行できるかが問題だろう。

ネットワーク型のファイルシステムを持つOSとして唯一と言っていいだろうBTRONがある。
使うとわかることなのだが、自分たちが如何にいままでファイルを階層化構造で分類してきたかがわかる。
そしてその制約や束縛から解放されることがどんなにすばらしいことかがわかってくる。
ただしBTRONの残念(不幸?)なのはあまりにも自分の頭の思考がファイルのリンクに反映されてしまうため、
少々のファイル数では検索自身をあまり必要と感じないことにある。

デスクトップメタファーの変化が起こることを期待している人は多いが、メタファーの変化・変更はPCの終焉を意味するのではないかとも思う。

|

« 池波正太郎「近藤勇白書」 | トップページ | 村山由佳「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/4876801

この記事へのトラックバック一覧です: 古いメタファを脱ぎ捨てる勇気:

« 池波正太郎「近藤勇白書」 | トップページ | 村山由佳「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」 »