« スイートオレンジ100%ジュース 300ml | トップページ | 古いメタファを脱ぎ捨てる勇気 »

2005.07.05

池波正太郎「近藤勇白書」

以前に読んだ上意討ちの中の「色」は土方歳三であったけど、今回は近藤勇が主人公である。
いままで新撰組についてあまり知識を持っていなかった(さらに坂本竜馬を斬ったという間違った(?)知識...)
のでなぜ新撰組が作られてどのように幕末という時代の流れの中を過ぎていったのを感じることができてとても新鮮だった。
土方が「色」ではかなり情の厚い人間として捉えられていたが、本書ではかなり冷酷にも感じられるが
それが余計に新撰組の悲壮感を感じさせている。

私にとっては幕末物をさらに読んでみたいと感じさせる1冊でした。

406273902X近藤勇白書〈上〉
池波 正太郎

講談社 2003-12
売り上げランキング : 139,076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4062739038近藤勇白書〈下〉
池波 正太郎

講談社 2003-12
売り上げランキング : 107,337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« スイートオレンジ100%ジュース 300ml | トップページ | 古いメタファを脱ぎ捨てる勇気 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/4838172

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「近藤勇白書」:

« スイートオレンジ100%ジュース 300ml | トップページ | 古いメタファを脱ぎ捨てる勇気 »