« 唯川 恵「愛しても届かない」 | トップページ | CE用のネットツール「vxUtil」 »

2005.07.16

恋するために生まれた

江國 香織さん、 辻 仁成さんの恋愛論です。
「冷静と情熱のあいだに」と同じ往復書簡形式で、辻さんが出したテーマで論じていきます。
辻さん自身ずるいと中で書いていますが、テーマに対して辻さんが書き、江國さんが答えるかたちなので
江國さんの方が書きやすいことはたしかだけれども、でもこれを読んでいくと余計に二人の力量の差を感じてしまいます....

江國さんの小説はいくつか読んだけど自身の恋愛論がわかりよかったです。またそれが作品に反映・影響されていることもうれしく感じたことかな。
辻さんは...のろけすぎです。離婚後の作品だったせいかいつも以上の仁成節が炸裂!!
目も当てられない感じでしたが、「鳥籠とカナリア」という挿話は秀作。実は短編が向いているのでは??

「恋は概念の破壊だから、....」 「恋におちたら、衿を正して最後までおちたい。」
辻さんがさまざまな言葉で恋愛について着飾った言葉を使って表現していましたが、それに対してシンプルでそれでいて情熱的な江國さんの言葉が印象に残りました。 繰り返し読んでみたいし、江國さんの対談集ってほかにもあるはずなので探してみたいです。

4344000862恋するために生まれた
江國 香織 辻 仁成

幻冬舎 2001-05
売り上げランキング : 5,368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 唯川 恵「愛しても届かない」 | トップページ | CE用のネットツール「vxUtil」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/4992855

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するために生まれた:

« 唯川 恵「愛しても届かない」 | トップページ | CE用のネットツール「vxUtil」 »