« 走った先に | トップページ | 北海道サマータイム »

2005.06.15

谷村志穂「花のような人」

谷村志穂さんの短編集です。
カドカワで連載されていたものを加筆したようです。
15編あるそれぞれの女性が描かれている。
筆者のまわりでおきたことをモチーフにしてあるとあとがきに述べているだけあり、それぞれの題材は身近なものだ。

気になった作品は「花のような人」「君はなぜおよぐのをやめるのか」かな。
「花のような人」は主人公・真美絵の視線から姉・和子がいかに花のような人か、そして「だった」かということが見えてしまう作品。
「君はなぜおよぐのをやめるのか」は短編集のなかで唯一、水・海がでてくる。
筆者の海に対する描写は独特のものがあると思う。最初に読んだのが「海猫」だったから余計かもしれないが。

4048728776花のような人
谷村 志穂

角川書店 1995-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 走った先に | トップページ | 北海道サマータイム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/4572100

この記事へのトラックバック一覧です: 谷村志穂「花のような人」:

« 走った先に | トップページ | 北海道サマータイム »