« 一口香の茂木びわゼリー | トップページ | ココログ de ログログシール »

2005.04.19

肩ごしの恋人(唯川 恵)

唯川 恵さんです。
読んだ後に気がついたのですが第126回直木賞受賞作だったのですね。
確かに今回の作品は最後までだれることなく書ききった作品であり、読み手も一気に読み込めると思います。
るり子と萌という全然違う性格の幼馴染の二人のそれぞれの恋愛・感情・生き方がでているんだけど、
これを読んでなんとなく思ったことは実社会の私たちはこの二人の性格を両方持っているんじゃないかってこと。
ある面では自由で純粋に我儘なるり子のようにそしてまたあるときは自分をどこかで冷静に見てしまう萌のように。
ただそれを一人の人間で描いてしまうと二重人格になってしまうので、あえて極端な二人に分けて話を進めてきたのではないのかなと。

肩ごしの恋人
唯川 恵

マガジンハウス 2001-09
売り上げランキング : 146,427

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 一口香の茂木びわゼリー | トップページ | ココログ de ログログシール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/3773672

この記事へのトラックバック一覧です: 肩ごしの恋人(唯川 恵):

« 一口香の茂木びわゼリー | トップページ | ココログ de ログログシール »