« iTunesサーバをAAC対応に | トップページ | MacMini VS Teacube »

2005.01.12

iTunesサーバをAAC対応に(続き)

昨日の続きですが、そのままではFC3だとうまくdaapdが起動してくれませんでした。

まずは直接デーモンを起動してみてdaapdが起動するか確かめてください。
私の場合は今回AAC対応させたMPEG4IPのライブラリがないと言ってきました。
探してみると
/usr/local/lib

libmp4v2.so.0
などがあるけど、FC3では/usr/libにないとだめなようなのでリンクを貼ります。

cd /usr/lib
ln -s /usr/local/lib/libmp4v2.so.0 libmp4v2.so.0

これで起動することができました。
psするとこんな感じです。

2778 pts/0 S 0:00 /bin/sh /etc/rc.d/init.d/daapd start
2779 pts/0 S 0:00 initlog -q -c /usr/local/bin/daapd -c /etc/daapd.conf
2780 pts/0 Sl 0:00 /usr/local/bin/daapd -c /etc/daapd.conf

iTunesを立ち上げるとAACのファイルもきちんと情報が見えるようになりました。

|

« iTunesサーバをAAC対応に | トップページ | MacMini VS Teacube »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/2555142

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesサーバをAAC対応に(続き):

« iTunesサーバをAAC対応に | トップページ | MacMini VS Teacube »