« 堀部安兵衛 | トップページ | FedoraCore3でfreshrpmsからyumできるように »

2005/01/03

FedoraCore3でiTunesサーバ構築

まだiPod持っていないのですけどiTunesがいいので、サーバ構築です。
Web情報やUNIX USERの情報を元にいろいろやったのですが、
やはりここの情報を元に作業しました。

・libid3tag libid3tag-devel howl-develはfreshrpmsからyumしてもってきました。
・daapdは現在の最新のdaapd-0.2.3dです。
confの場所は/etc/sysconfig/daap/daapd.confから/etc/daapd.confに変更しました。
・mDNSResponderのコード取得にはAppleIDが必要です。

上のサイトのとおりにやればできました。
FC3にはsambaも積んでいまして、WindowsのiTunesの設定から詳細のページ[iTunes Music]フォルダの場所を
iTunesサーバのdaapで設定したフォルダと同じにしました。
これでPCからエンコードして保存したファイルをiTunesの共有から聴くことができました。

やったー!!

|

« 堀部安兵衛 | トップページ | FedoraCore3でfreshrpmsからyumできるように »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FedoraCore3でiTunesサーバ構築:

« 堀部安兵衛 | トップページ | FedoraCore3でfreshrpmsからyumできるように »