« FedoraCore3でfreshrpmsからyumできるように | トップページ | iTunesサーバをAAC対応に »

2005.01.05

CE4.2 ATLを使ってレジストリのサブキーを取得する

私が無知だったのかもしれませんが、ATLライブラリでCRegKey::EnumKeyは存在するのですが、
CE4.2では使えません。
ですがm_hKey メンバ ハンドルは外からのアクセスが可能なようですので、以下のようにすれば
サブキーの取得が可能になります。

CRegKey Reg;

Reg.Open(HKEY_LOCAL_MACHINE, TEXT("\\Comm\\PASS"), KEY_ALL_ACCESS);
RegEnumKeyEx(Reg.m_hKey, dwIndex, lpName, &lpcbName, NULL, NULL, NULL, NULL);


ちなみに私の実機マシンではdwIndexはLIFOで番号が付与されている感じです。
RegEnumKeyEx操作中にサブキーの削除とかするのであれば、インデックスの番号に注意です。

|

« FedoraCore3でfreshrpmsからyumできるように | トップページ | iTunesサーバをAAC対応に »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/2480227

この記事へのトラックバック一覧です: CE4.2 ATLを使ってレジストリのサブキーを取得する:

« FedoraCore3でfreshrpmsからyumできるように | トップページ | iTunesサーバをAAC対応に »