« ねじれた白球 | トップページ | 疲れた~って思ったときも乗りたいんだけど... »

2004/09/01

火の国の城

池波正太郎作品です。
いままで何度も彼の作品を読もうと思っていたんだけど、なかなか機会がありませんでした。
ちょっとクセのあるところはありますが、歴史小説家として有名なだけあります。
ぐいぐい引き込まれていく、いきおいがありました。
また読後の解説のひとも池波ファンらしく、池波の読み方
書いてあり、こりゃこれからゆっくり楽しめそうだ
という感じになりました。

|

« ねじれた白球 | トップページ | 疲れた~って思ったときも乗りたいんだけど... »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火の国の城:

« ねじれた白球 | トップページ | 疲れた~って思ったときも乗りたいんだけど... »