« 海色の午後 | トップページ | ソーシャルネット »

2004.09.26

22歳,季節がひとつ過ぎてゆく

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく
唯川恵です。
22歳の女子大生3人がそれぞれ思い悩む姿を書いている青春小説です。
前回読んだ海色の午後もそうなんですが、ずいぶん軽妙なタッチで書いていく人だなと思いますね。
ストーリが大学卒業を迎えて、それぞれが友情、恋愛や就職などで揺れ動くところを書いているから
重くなりすぎないと言ってしまえばそれまでだけど。
3人の主人公達が歩んでいる時間を閉じ込めた、さらっと読めてしまう爽やかな一冊でした。

|

« 海色の午後 | トップページ | ソーシャルネット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16921/1525941

この記事へのトラックバック一覧です: 22歳,季節がひとつ過ぎてゆく:

« 海色の午後 | トップページ | ソーシャルネット »