« 夏 長崎から | トップページ | 終戦記念日 »

2004/08/13

片想い


東野圭吾の片想いを読みました。
彼の作品は初めてだけど、ミステリー作家という冠には偽り無し。ボリュームある文庫だったけどグイグイよめた。
面白かったけどタイトルを見て恋愛小説と思っていたのでちょっとそこは残念。
ただし作品を読んでこそこのタイトルの意味がわかり、ある意味納得です。
今後彼の作品は読みそうですな。

|

« 夏 長崎から | トップページ | 終戦記念日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片想い:

« 夏 長崎から | トップページ | 終戦記念日 »